le journal des papillons
ラ・レーヴ・デ・パピヨン』の徒然日誌

クレープ・シュクレ

 「おはよう、セシー!」



明るい声と共に後ろから伸びた手に
見事奪われた焼きたてのカヌレ



叱ろうと顔をしかめてみるものの



「ん〜!セシーのスウィーツは最高だね!」



そんな風に口いっぱいに頬張りながら
満面の笑みで言われては苦笑するしかありません


「でも・・クレープが食べたいなあ・・」



テーブルに頬杖をつきながら
年が明けてから一度もクレープを口にしていないと
口をとがらせるその姿が妙に懐かしくて目頭が熱くなってしまいます


シャンドルール(聖燭節)にクレープを食べないと
その年の小麦は不作になるといいます



今年は召し上がる方がいらっしゃらなかったから
焼いていませんでしたね

 

そうね
パーティーのデザートはクレープにしましょう



仕入れたばかりの上質な小麦粉と
新鮮な卵に絞りたての牛乳


そうそう
アルマンさんの秘蔵のブランデーを少しだけいただいて


手作りバターで表面がカリッとするまでしっかりと火を通せば
セシー特製クレープの出来上がり

 

さあ、召し上がれ




春の到来と家族の幸せを願って

セシリア * comments(0) * trackbacks(0)
ミルフイユ・オー・フレーズ


美しく咲き誇る大輪の薔薇のように
輝いていらっしゃったミシェル様



今は―

萎れた薔薇のように元気がありません



普段は明るく陽気なラ・レーヴ・デ・パピヨンも
心なしか緊張感が漂っています


メイド達の動きもどこか鈍重で
失敗ばかり・・


せっかく蔓延していた幸福伝染病も
すっかり治癒してしまった様子




こんな時には、ほっこり幸せなスウィーツを作りましょう



温室で育てた早摘みの苺と
今朝採れたばかりの新鮮な卵を使ったカスタード



ふわふわにホイップした生クリームを
バターたっぷりのサクサクのパイで包めば・・



ほら、ミルフイユ・オー・フレーズの出来上がり



どうか皆が元気になりますように
そして、たくさんの幸せが訪れますように

千(ミル)の葉(フイユ)に想いを込めて―
セシリア * comments(0) * trackbacks(0)
ガレット・デ・ロワ


冬の陽だまりの中
まばゆいばかりの笑顔を見せるミシェル様


幸せは女性を美しくするというけれど
本当にその通りですね


そして、その幸せは人に伝染する―


メイド達の動きもどこかゆったりとしていて楽しそうで
心に余裕があるようです


そんな幸福伝染病にかかっていない
パピヨンで唯一の人・・


今日も浮かない顔で廊下を歩いて来る
ミック坊ちゃま

以前のような屈託のない笑顔を取り戻すまでには
まだまだ時間がかかりそうですね



さあ、そんな坊ちゃまのために
今日はガレット・デ・ロワを焼きましょう!


アーモンドクリームがいっぱい詰まったパイ
中には可愛らしい陶製のお人形・フェーブを忘れずに
焼きあがったパイに王冠を飾れば


ほら、幸福を運ぶお菓子の出来上がり


切り分けたガレット・デ・ロワの中から
フェーブが出てきた人が今日の王様です


どうか、神さま
坊ちゃまにささやかな幸せを
セシリア * comments(0) * trackbacks(0)
クグロフ


このところ頻繁に
ミシェル様のお部屋を訪れるルゥ様


年齢の近い女の子同士ですもの
きっとお話することもたくさんあるのでしょう


そんな二人の間に入れず
一人つまらなそうにされている
ミック坊ちゃま


女の子はお年頃になると
男の子がいない時間が
必要なんですよ


ええ
そのうち、ミック坊ちゃまも
わかる時が来るはずです


さあ、今日はクグロフを焼きましょう!


先日いただいたばかりのアーモンドと
サクランボを漬けてつくったキルッシュを使って


あら
坊ちゃまも手伝って下さるんですか

珍しいこともあるものですね


そう
やさしく空気を抜いて
焦ってはダメですよ


ちょっと時間はかかるけれど
手間をかけた分おいしく出来上がります



その昔、マリー・アントワネットが嫁ぐ際に
オーストリアから持ってきたこのお菓子



坊ちゃまの手でミシェル様に
差し上げて下さいね
セシリア * comments(0) * trackbacks(0)
ギモーヴ


ルドロウ・キャッスルからお客様がいらっしゃいました


お久しぶりです
ルゥ様、サディ様

こうしてお会いするのは一年半ぶりでしょうか?

お二人とも随分と大人っぽくなられて・・


レオ様でしたら、ミシェル様とお出かけに



ええ
ミック坊ちゃまは自室におられますよ




さあさあ!
長旅でさぞやお疲れでしょう?
ティータイムにしましょう!



今日のお菓子はギモーヴ


フルーツピューレをふんだんに使って作った
ふんわりとした食感と上品な甘さを
お楽しみあれ♪


薬用として食されていたこのスウィーツで
坊ちゃまが少しでも元気になられるようにと
願いを込めて
セシリア * comments(0) * trackbacks(0)
クロカンブッシュ


何の前触れもなくパピヨンを訪れた
ルドロウ・キャッスルのレオナルド様


今回の訪問相手はどうやらミシェル様ではなく
ミック坊ちゃまのようです


坊ちゃまは悪戯好きで破天荒な人に思われがちですが
根はしっかりした真っ直ぐな性格の持ち主です


ええ
そこは自信を持ってお薦めしますよ
アルマンさんと私がそうお育て申し上げたのですから


ただ・・
ミシェル様は特別なのです


幼少の頃にご両親を事故で亡くされた坊ちゃまにとって
ミシェル様は唯一の肉親

姉であり
母であり
憧れの存在でもあり


そして、宝物―



その宝物を坊ちゃまから取り上げるには
時期尚早だったのかもしれませんね


もう少しだけ・・
この甘い夢に浸っていたかったのかも・・・と




今日はかわいらしいシューをたくさん焼きました



フランス語で「キャベツ」を意味するシューは
子孫繁栄と豊穣の印



小さなシューを円錐状に積み上げて
飴をかければ、ほら・・



お祝い事には欠かせない
クロカンブッシュの出来上がりです




ご両親を失って以来
やわらかな葉で幾重にも包まれていた
キャベツの中の王子様を揺り起こす時が来たようです



さあ、積もる話もございましょうが
その前にお茶にしましょう!
セシリア * comments(0) * trackbacks(0)
リンツァー・トルテ


今日はアルマンさんが休暇から戻っていらっしゃいます。


すっかり元気を取り戻したミック坊ちゃま
どうやら、いたずらの方も復活したようで


ほら、あれはメイドのアンの声だわ・・





さて、長旅でお疲れのアルマンさんのために
今日はリンツァートルテを焼きましょう


ナツメグにシナモン・・・それからアーモンドとヘーゼルナッツをたっぷり入れて

そうそう、先週採作ったばかりのレッド・カーラントのジャムも
パントリーから持ってこなくては・・


今日のティータイムは
どんなお話が聞けるのかしら
楽しみね
セシリア * comments(0) * trackbacks(0)
ガトー・ア・ラ・ブローシュ


アルマンさんがお留守の間に
ラ・レーヴ・デ・パピヨンでは色々な出来事がありました



幸福のヴェールを身に纏われて
より一層美しくなられたミシェルさま


ほんのり憂いがかった
大人びた表情を垣間見せるミック坊ちゃま


お二人を優しく見守る使用人達



今日はそんな皆さんのために
私の家に代々伝わるお菓子を焼きましょう


Gateau a la broche(ガトー・ア・ラ・ブローシュ)は
結婚式などのお祝い事の際に食べられていた
おめでたいお菓子


「串刺しのケーキ」なんて、ちょっと楽しい名前でしょう?


ドイツの有名なお菓子・バウム・クーヘンの
元になったなんて言われています



さあ、セシリア特製クレーム・アングレーズを
たっぷりかけて召し上がれ



ほら、アナタにも素敵な幸せが訪れますように・・
セシリア * comments(0) * trackbacks(0)
フロッケンザーネトルテ


先日、ルドロウ・キャッスルにいるアルマン様から
手紙が届きました


チャールズ様との昔話に花が咲いたようです

もちろん、ミック様やミシェル様のことも
随分心配されている様子

大丈夫ですよ
お二人ともお元気ですから・・

ああ・・でも、ミック坊ちゃまは、少し元気がないかしら・・


そういえば、アルマンさんはこの後
エグレッタ・サクラにもお寄りになるようです

どうやら、ヴェルニエ伯爵がエグレッタ・サクラに
いらっしゃるとか・・


確か、マルグリート様のお父上、ヴェルニエ伯爵は
アルマンさんとチャールズ様の先輩だとお聞きしたことがあります


また、昔話に花が咲くのでしょうか


そういえば、マルグリート様の新しい恋人はドイツの方だとか・・


そうだわ
今日のデザートは、フロッケンザーネトルテにしましょう


ミック坊ちゃまも、きっと喜ぶわ


セシリア * comments(0) * trackbacks(0)
メイプル・ティー・スコーン


アルマンさんが旅立ってから
まだ数日だというのに


パピヨンはにわかに騒がしくなって参りました


日を重ねるごとに聞こえてくる悲鳴の数が
増えていく気がするけれど・・気のせいかしら?


あら・・あれは、エミリーの声だわ


どうやら気のせいではないみたい



もちろん、元凶は・・・
あのワガママな王子様ね


初夏のお野菜をふんだに使った朝食のお皿を横に除けて
今朝はどうしてもスコーンが食べたいんだと
シェフを困らせて・・・


アルマンさんがいたら、きっと厳しく叱るんでしょうけど


私がスコーンを焼いて差し上げたことは秘密ですよ




さぁ、メイプルシュガーとアールグレイをたっぷり使った
甘いスコーンが焼きあがりました

クロテッド・クリームをつけて召し上がれ!



あら
王子様ったら、どこへ行かれたのかしら?
セシリア * comments(0) * trackbacks(0)